So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

食事療法のためのお弁当 [お料理]

昨年の晩秋頃より食事療法と運動療法に取り組み、まだまだ試行錯誤中の畑の帽子です。
自宅を離れている時も、なるべく日々のお買い物や孫の公園遊びの際に遠回りして歩くことを心がけています。(彼はベビーカーで寝てしまったりしますが)
先日、年に一回お会いするご夫婦とのお食事会で久しぶりに普通の調理をしてお料理の楽しさを思い出しました。
今日は半端な量が残ったお米を多めに炊いたので、夫のお弁当の残り物を利用してお弁当を作りました。
BC4F4FF2-1394-4476-BA61-72F616F35B18.jpeg
生キャベツ、鶏肉のミートローフ(しめじたっぷり、玉ねぎ、人参、えんどう豆入り)ケチャップソース(ケチャップ、醤油、砂糖)がけ、スナップえんどう、とろろ昆布と板のりのミニおにぎり(ご飯は約100g)、酢玉ねぎ、人参ラペ、糸切り昆布の酢煮、キーウイ半分。
これに脂肪ゼロのヨーグルトを食べます。
自宅で食べる際はキノコや葉物野菜少量で簡単なスープを添えます。
カロリーは大体350〜450kcal前後くらい。
塩分は控えめ。
キャベツはもう少したくさん頂きますが、画像上容器に入る量にしました。(^^;)
私の食事には傾向として油脂が足りなくなりがちなので、ゴマやナッツ類を少しずつ料理にプラスしています。
それが出来た時には、カロリーが30〜50kcalくらいアップ。そして、このお弁当ならかぼちゃとレーズンのペーストもちょっぴりプラスできるかな。
それで、さらにカロリープラスして、500〜550kcal前後ですね。
最近孫の幼児食を作りながら、「私もこんな食事で良いなぁ(量はさておき)」と思うこともしばしば。
食事は楽しみでもあり、健康を大きく左右し、生きていく上で必要なもの。
個人個人それぞれ好みがありますから、自分なりの形を作ることができれば食事療法も続けられるのかもしれないなと思っています。
ちなみに私は酸っぱいものが好き。
それで、酢漬けをアクセントや減塩に活用することが多いです。
栄養士の方がご覧になったら笑われそうですが、目をつぶってください。そして、アドバイスいただければ嬉しいです。
ま、そんなにご覧になる方はいないので杞憂ですが。(^∇^)




nice!(8)  コメント(3) 

nice! 8

コメント 3

MERRY

食事療法大変ですね。
運動療法だったら、チャレンジできるけど、どうも食事は・・・。
キュウリダイエット中ですが、食べるほうが多くて、どうも効果が見えません。
by MERRY (2018-05-27 16:10) 

畑の帽子

MERRYさま
ダイエット、という時はなかなか続かなかった私なのです。実は今、食事と運動療法を始める前に比べて洋服のサイズが一気に2サイズダウンしました。
まあ、前が前ですからね。(^∇^)
by 畑の帽子 (2018-06-01 03:52) 

MERRY

2サイズダウン、ってすごいです!!!
これ以上ダウンしないように、少し食べたほうがいいのかな?
by MERRY (2018-07-19 19:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。