So-net無料ブログ作成
ちょっとした出来事 ブログトップ
前の10件 | -

実りの秋 [ちょっとした出来事]

ひと月半ぶりに帰省。
道中コスモスや彼岸花が秋を感じさせました。
実家の周囲で栗拾いをしたりミョウガを採ったり。
IMG_1951.JPG
お店で見つけたフクラギ(ぶりの成長途中のお魚)をお刺身におろしたり、家から持参した野菜を調理したり。
うっかり忘れものをして予定していたことが出来なかったりもしましたが、次回に持ち越しました。


母が「古米だから」と、残っていたもち米で大量の栗おこわを蒸していました。
83歳であちこち問題だらけだといつも愚痴っている母のキリッとした姿が美しく見えたり。
昔は普通に見ていた光景が新鮮で、今更ながら巨大なお鍋やせいろに驚き、以前の家族の多さを実感しました。


スーパーでアケビを発見。
IMG_1946.JPG
隣にちょっと見えているのがナツメの実ですから小ささがお分かりいただけるでしょうか?
よくお料理用に売られているものに比べると半分以下かもしれません。

この日は両親から初めてのお米を紹介されました。
「いちほまれ」というお米で、コシヒカリ誕生の地福井県が開発したブランド米です。

近年の夏の高温により全国的に米の品質の低下が問題視される中で「コシヒカリ」を超える新たな品種を開発しようと平成23年に取り組みが始まったそうです。
1消費者の好みに合った味わいのある『おいしい』品種
2夏の暑さでもきれいに実り、おいしい味を実現し、倒れにくい品種
3病気に強く、有機質肥料で安定して栽培でき、農薬や化学肥料の使用を減らし、ふるさと福井の自然に負荷が少ない『環境にやさしい』品種
と言う訳で、昨年末に6年の歳月をかけて誕生。
それから名前を公募し「いちほまれ」と名付けられました。
「日本一(いち)美味しい、誉れ(ほまれ)高きお米」となってほしいという願いが込められているそうです。
帰宅後、袋の裏書に従って炊飯してみました。
IMG_1949.JPG

IMG_1950.JPG

炊きあがりもとっても綺麗です。
夫と二人で試食。
「おいしいね!」
お米もいろんなタイプのものがあって好みもいろいろだと思いますが、コシヒカリをお好みの方にはお勧めします。
もともと実家の辺りは気候や水の関係なのか、お米が美味しいと思ってはいたのですが、それでもより美味しいように思いました。


朝夕涼しくなったこの頃ですが、実家の辺りは山に囲まれておりかなり寒く感じました。
両親は朝夕ファンヒーターを使い始めたそうです。
次回は雪囲いです。
時間がながれるのが早く感じ始めているこの頃です。


「いちほまれ」についてはこちら。
https://ichihomare.fukui.jp/about/index.html

nice!(12)  コメント(2) 

小さなキノコ工場へ [ちょっとした出来事]

今年は夫の会社のお盆休みがカレンダーの関係で9連休になりました。 これは夫が入社以来二度目かもしれないという長さで、これまで懸案だったことをあれこれと片づける事が出来ました。(粗大ごみや家電の処分など) そのうちの一つ、知り合いの方のキノコ工場へ行くこと。 菌床栽培のキノコを栽培されています。 私が記事に書きたいなと思ったのは、あまり出回っていないキノコを栽培されているから。 「タモギタケ」という茸をご存知でしょうか?(Wikipediaのリンクを入れました) タモギタケは成分的には老化防止剤の素になる。タモギタケのエキス剤は血糖低下効果から研究されており、高血糖のラットで血糖値を減少させている。脂肪減少薬品の原料としても研究されており、タモギタケと関連するヒラタケ類はコレステロール低下物質のロバスタチンを含むことが判明している。そのほかにも血圧上昇抑制作用や抗腫瘍作用などがあるとされる。Wikipediaより 以前にも記事にした事がありますがとても綺麗な色のキノコです。 IMG_1896.JPG これはちょっと開きすぎだそうで、おみやげにいただきました。 美味しいんですよ。 良い成分をたくさん含んでいて美味しいのですが、しめじやシイタケ、エノキの様には周知されていないようです。 栽培されているお部屋はミストが流されています。 産地を選んでセシウム検査済みのチップを使ってお隣の三重県で作られた菌床を使っています。 という事で、純国産です。 今栽培しているのはタモギタケときくらげですがシイタケも始めたそうです。 見学時には可愛いシイタケが育っていました。 IMG_1895.JPG 天井にぶら下がっているのは蠅取り紙です。 キノコ特有のコバエがどうしても発生するそうですが安全のために蠅取り紙を。 そしてパック詰めの際にテデトール。 詰める人とパックする人、二人の目を皿にしています。 この日は息子さんたちとお母様の三人だけで作業中。 収穫したキノコを選別しながらパック詰め中。 IMG_1894.JPG IMG_1893.JPG 生のキクラゲもスーパーでは少ないですよね。 IMG_1892.JPG こちらではタモギタケの乾燥したものも販売されています。 IMG_1891.JPG 干ししいたけとは又違った戻し汁の美味しさです。 今回はあえて他の強い味の食材を使わずに茹でた鶏ささみを入れて炊き込みご飯にしました。 IMG_1900.JPG お塩だけの味付け。 生姜と青紫蘇を載せました。 生キクラゲは中華のトマト炒めにも美味しいですよ。 調理例として以前の記事のアドレスを参考に。 http://bluesky-green.blog.so-net.ne.jp/2015-05-11 http://bluesky-green.blog.so-net.ne.jp/2015-05-01 電話でのお取り寄せにも対応なさっているそうですよ。 IMG_1897.JPG
nice!(8)  コメント(0) 

グリーンカーテンと梅仕事の全容。。。6月下旬 [ちょっとした出来事]

今年のグリーンカーテンは昨年に比べて不調です。
IMG_1575.JPG
どうも育ちが悪いので風船カズラを蒔いたのですがなかなか発芽しないので諦めて朝顔を蒔きました。その結果、今一つのプランターに三種類の植物が...。
IMG_1576.JPG
なんでもいいから葉陰が出来たら良いのですが、どうなる事でしょう?



前記事の梅仕事はこんな様子です。
IMG_1572.JPG
手前の小瓶3つは梅ジャム、白いふたがしょうゆ漬け、ビニール袋が梅干し用の塩漬け(この上に置き蓋をして1~2キロの重しを)白とグレーの蓋が味噌漬け、その隣が梅サワー漬け、種取り刻み梅のブランデー酒。奥の赤い蓋の右が4キロ瓶に梅シロップ1キロ、隣の手前が砂糖漬け500グラム、その後ろの瓶二つが小梅漬け(紫蘇入り)。一番奥5キロ瓶が梅干し(紫蘇入り)で、これには40%のスピリッツを浸したキッチンペーパーでカビよけをしてあります。
どの瓶も煮沸したり熱湯をかけたりスピリッツで拭いたりしてから使用しています。
(この画像には甘いカリカリ梅(青梅使用)はありません)
ちなみに塩漬け中の梅は赤い色が付いたものと無いものに分けて漬けました。
IMG_1574.JPG
よく見るとあがってきた梅酢の色が違うのがわかります。これは白梅漬けにして、梅酢を取り分ける予定です。
そして梅シロップは凍らせた黄梅と氷砂糖各1キロ使用ですが、これは二日目。
IMG_1568.JPG
一週間以上過ぎた今はかなり梅がしわしわです。
おかげさまで発酵することもなく順調です。




nice!(17)  コメント(3) 

6月の帰省と梅仕事 [ちょっとした出来事]

月に一度の帰省。今月は中旬になりました。
先月に比べると山の残雪は標高の高い山だけに見られるようになりました。
この日も快晴で解禁になった川ではアユ釣りの皆さんの姿が。
IMG_1547.JPG
気持ちよさそうです。

ダム湖の湖面も鏡の様でした。
IMG_1556.JPG
少し先のあたりでは細かいさざ波が立っていたのですが、この辺りは思わず車を止めて撮影したくなるような美しさでした。

翌日、帰路には少し波立って空も曇りがち。
IMG_1560.JPG
観光バスツアーの皆さんが散策中でした。

実家の台所の脇の山椒の葉が柔らかそうだったので、摘んでサトイモの田楽にしてみました。
IMG_1561.JPG
山椒たっぷり、お味噌ちょっぴりで舌にピリピリしびれるような独特の風味です。

帰りの道の駅ではマルベリーの実を。
パックに一緒に入っていた葉と果実。
IMG_1564.JPG
左上の紫に熟したものをジャムにしました。
IMG_1565.JPG



今月は梅仕事の月。
月初めには小梅が届き梅干しに。
昨年の小梅の色がいまいちだったので今年の分と一緒に赤紫蘇を追加しました。

次に青梅が届き、実家の母が好きなので甘いカリカリ梅を自宅の分と合わせて4キロ。

そして注文しておいた三キロのいろみ梅を待って今年の梅仕事は終わりだわと思っていました。
が、某親族の注文間違いで大量(10キロ!!!)に届いた梅を引き受けるながれになり、梅仕事が増える事に。

と言う訳で、今週は週の初めから毎日梅三昧。
私の注文した3キロの梅を塩漬けにして「梅酢があがってきたな」と思っているところへ某娘からの梅が6キロ。
配達から日が経っており、更に転送で傷みが心配です。
まずは選別をして用途を決めました。
3キロを梅干し用に塩漬けにして残りを梅シロップ1キロ、砂糖漬け500グラム、味噌漬け500グラム、ジャムは500グラムと古い梅酒の梅をプラス、残りを少量づつ小ぶりの瓶に サワー、しょうゆ漬け、梅酒などを。

しばらくは梅シロップの管理と塩漬け梅の管理に気を配らなくてはなりません。
(美味しくなあれと呪文を唱えながら)

今日は一気に梅を片づけて疲れたので画像はまた後日。

ちなみに今回は大量の梅干しの仕込みになったので例年よりも塩分を増やしましたが、冷蔵庫に入る程度の量で作っている例年は10パーセントの塩漬けで作っています。
土用干し後は梅酢とは別にして流し台の下に。
皆さんはどれくらいの塩分で漬けられますか?






nice!(13)  コメント(3) 

漸く復調? [ちょっとした出来事]

長かった風邪が漸く快方に向かい始めました。
まだカタル症状はあるものの、体を動かせるように。
加齢とともに風邪を気力だけで「無かった事」に出来なくなってきています。(笑)


先月下旬に孫が来てくれて、初めてのチャイルドシートを気に入ってくれてホッとしたり。
初めての動物園(東山動物園)に行けてよかったなぁとうれしかったり。(夫は仕事、私は風邪)
娘の旦那さんに風邪をうつしてしまって申し訳なかったり。
でも、娘と孫はうつらなくて良かったとちょっとホッとしたり。
夫に風邪をうつしてしまい初節句に行けなくなってがっかりしたり。
よくなりかけていた風邪をこじらせて、高齢の両親にうつしそうだったり、身体がしんどかったりしたので帰省を延期したり。
洗濯機が壊れたり。(そういえば夫のアイフォンが突然壊れたばかりだった...。)
毎年、結婚記念日から誕生日、母の日と続く私のイベント期間は例年とはちょっと違った趣となりました。

行けなかった初節句にはおうちで夫婦でお赤飯。
IMG_1450.JPG

夫婦で室内にこもっていた連休には夫が私からのリクエストに応えて日曜大工。
IMG_1451.JPG
余った材料でパソコンデスクの下に引き出しを増設。
IMG_1452.JPG

母の日には子供達から。
IMG_1471.JPG
IMG_1473.JPG
石鹸フラワーとテーブルフラワー。
夫が手料理を。
IMG_1475.JPG



昨秋のプチリフォーム以来足を踏み入れる事さえ困難で、必要なものの出し入れが出来なくなっていた一室を少しづつ片付け始めたこの数日です。


そんなこんな日々、テレビやラジオ、ネットにくぎ付けでした。
還暦を過ぎた自分達ですが可愛い孫や子供たちがこれから生きていくこの日本という国、どうなっていくのでしょう?
荷物の整理をしているといろいろなところから整理し忘れていた古い写真が出てきます。
若い頃、子供達がまだ小さい頃の写真を見ながら昔を思い出し「あの頃はいろんなところに安心して連れていけたし食べさせられたなぁ」と。
本当にひどい。
そして、なぜ変われないのかと。
安心して空気を吸って安心して青空の下を歩きたいだけなのに。
誰にも守りたい人や場所、物があるでしょう。
一緒にいたり話すだけで幸せだと感じられる人や時間。
お金では手に入らないものではないでしょうか。
あの人たちは幸せなのでしょうか?
心が満たされているのでしょうか?












nice!(16)  コメント(3) 

37年目 [ちょっとした出来事]

4月29日の結婚記念日に。今年も夫から。
IMG_1429.JPG
IMG_1431.JPG
今年のバラはグラデーション。


タグ:結婚記念日
nice!(11)  コメント(4) 

曇り空のお花見 [ちょっとした出来事]

今年のお花見はバタバタしていて出かけそびれ、晴天の某日の青空の下「マンションの公園の桜が綺麗だなぁ」とゆっくり眺めたくらいです。
で、お天気予報によると桜ちらしの雨になるという雨が降る前に慌てて、定点観測のごとく毎年行っている公園に出かけました。
曇天の空の下で、明るいレンズを付けていかなかったので暗い画像なのですが...。

洲原公園の池越し。
P1019472.JPG

花筏と。
P1019480.JPG

メインの場所の桜、古木です。
P1019490.JPG

公園の売店のそばに水鳥が。
P1019491.JPG
毎年越冬にやってくるヒドリガモです。
P1019499.JPG
今年もお花見をすませてから旅立つようですね。

私の好きな枝垂れ桜。
  P1019486.JPG

この公園は工事続きなのですが、桜や芝の植え替えや歩道の整備が整いつつありました。

そして続いて別の公園に。
P1019505.JPG
今年も水仙とのコラボが可愛いです。

P1019511.JPG
早咲きの桜はもう終わり。でも、濃い赤が射し色になって綺麗です。
P1019513.JPG

こちらは池の側の桜。
P1019517.JPG

P1019518.JPG

ゆきやなぎが咲く歩道の上の桜のトンネルは......
P1019521.JPG
伐採されていました...。

ソメイヨシノを見に行った時期が遅かった事もあるのですが、もう八重桜のつぼみが膨らみ数輪開花しているものが見つかりました。



タグ:
nice!(15)  コメント(4) 

郡上八幡の福寄雛 [ちょっとした出来事]

今年は昨年よりも遅くまで雪が残っていて、実家の雪囲いをはずしに行くのが少し遅めになりました。
P1019458.JPG
実家近くの山にはたくさんの雪が残っているので、お天気予報とにらめっこしながら山越えの時間帯を考えてスケジュールを。
と言う訳で、2時間ほど時間の余裕が作れたので郡上八幡の街中を散策してお昼を過ぎてから山越え(トンネルですが)することにしました。
ちょうど福寄雛のシーズンです。
まずは宗祇水を見て、散策開始。
宗祇水傍橋.JPG

宗祇水.JPG

吉田川と郡上城.JPG 街並み.JPG 街並み2.JPG 街並み3.JPG 整備された綺麗な街並みからちょっと外れると昔ながらの街並みが。 40年ほど前にサークルの合宿で数日滞在したことがあるのですが、そのお寺がどこなのか思い出せません。 お昼はお蕎麦屋さんでおろしそばを。 大根おろしとなめこの佃煮がのっていました。 ここにはこんなお雛様。 平甚.JPG お蕎麦屋さん店内.JPG まずはサンプル工房を。 サンプルやさん.JPG サンプルやさん2.JPG サンプル工房.JPG こちらはワインレストランかな? ワインレストラン.JPG お料理のサンプルが凝ってます。 いろんなお店のショーウィンドウを並べてみます。 雑貨屋さん.JPG フライパンが楽しいです。 呉服屋さん.JPG 呉服屋さんかな。 文具店.JPG 文房具屋さん。 床屋さん.JPG バーバー。櫛がちょっと大きいかな。 眼鏡屋さん.JPG 多分眼鏡屋さん。 アート.JPG ほんの数百メートルくらいを歩いただけですので半分も見ていないと思いますがさりげなく置いてあるお雛様の工夫が楽しいですよ。 今年はもう終了しましたが来年も二月の初めから4月の初め頃まで開催されるのではないでしょうか。 そして峠を越えて実家へ。 作るのには時間がかかりましたが解体は早く、暗くなるまでに終了。 翌日はシーズン終了間近の水ようかん(丁稚ようかん)を買いに越前大野の市街へ。 ほんとに柔らかくて甘さも優しくて、ちゅるるんといくらでも食べられます。 里の雪は日陰に少し残っていますが、田畑にはなくなっています。 川には雪解け水が。 P1019457.JPG 山にはたくさんの雪があり、夏の水不足の心配はなさそうです。 追記:この記事の画像は3月最終週のものです。
nice!(10)  コメント(4) 

お彼岸です [ちょっとした出来事]

今年のお彼岸は自宅でお仏壇に。
牡丹餅.JPG
夫が好きなのでなるべくお彼岸には作ることにしています。
今年は小豆餡でくるんだものと小さな餡子玉を中に入れたきなこと黒ゴマの三種類です。

私の実家のお参りは帰省の折に。






タグ:春彼岸
nice!(13)  コメント(3) 

いちご [ちょっとした出来事]

花粉の季節ですね。
マスクと室内干しの日々が始まりました。

そして、この時期はイチゴの季節。
今日は夫から「ホワイトデーに」と近所のイチゴハウスでイチゴを買ってもらいました。

image-20170312141543.png
章姫。
大粒です。

イチゴのジェラートも一緒に。

畑では寒い中でもイチゴが数粒ですが採れました。色付きは悪いですが酸味も甘みも強く硬いワイルドなイチゴ。

こちらの温室栽培は朝どり完熟で酸味の少ない優しいお味です。

イチゴの赤、ジェラートのピンク、可愛いです。梅、桃、桜、イチゴ。赤やピンクの春の色ですね。
そして、畑でもそろそろ黄色い春の色が。

四季の変化のある国に生まれてよかったと思う一瞬です。








nice!(14)  コメント(6) 
前の10件 | - ちょっとした出来事 ブログトップ