So-net無料ブログ作成
検索選択

お正月 [お料理]

今年はおせちを用意しました。
年末に孫がしばらく滞在。
ママがおせちを作って持ち帰りました。
と言うことで我が家も。
image-20170101144047.png
今年も神杉の初しぼり。私が目を離したすきに夫が一升瓶を。(だれがこんなにのむのか?)生酒なのに。
せっかくの原酒なので、酒ハイボールも試してみました。
今年は生菓子も。
image-20170101144327.png
干支はこれ。
image-20170101144402.png

可愛いです。

夜にはこのおせちに焼き豚と鳥の照り焼き、蛸なども加える予定。



nice!(10)  コメント(7) 

リッチーナ三品 [お料理]

夏野菜のウェーブが徐々にやってきている畑です。
image-20160629172532.png

きゅうりはもっぱらキューちゃん漬けで一気に山盛りのきゅうりをタッパーに収めて保存。

茄子は焼きナスと味噌炒めが定番です。

そしてリッチーナは炒めてナムル。
お弁当にもナムル。お昼にもナムルです。
image-20160629172917.png

ジョンもやってみました。
半分は干して、半分は塩を振って。
image-20160629173102.png


ラタトゥイユにも使いました。
image-20160629173821.png


揚げ物はまた後日。

皮の黄緑色と果肉の薄い黄色がいい色合いです。
nice!(27)  コメント(5) 

久々に鯛です [お料理]

ちょっと前になってしまいましたが、
     夫のお友達から「良い鯛が釣れたから」と鯛の頂き物です。

IMG_0102.JPG
ピンク矢印の真鯛は40センチくらいです。

マダイ、チダイ、へダイの三種類。
まず、うろこを落としエラと内臓を取り出しお腹を洗いました。
うろこはペットボトルのふたを使って落としました。

鯛下処理.JPG
下処理を済ませたマダイです。

マダイは三枚におろして半身は湯引き用に皮つきで、半身は皮をひいて。

おろしたてをお造りにしました。
IMG_0105.JPG
大根はないので春キャベツと水菜の菜の花を。
いつも思うのですが、薄く切った切り身のピンクが何とも綺麗ですよね。


後日の鯛の夕食。
夕食.JPG
赤の矢印はあら炊き。ごぼうと炊き合わせました。
ピンクは皮の湯引きをゆず胡椒とポン酢で。
黄色はあらをみそ汁に。
みどりはミョウガ。さっとゆでて田舎味噌で。
お刺身は湯引きも。
早生の玉ねぎのスライスも辛味が少なく。
土佐鶴の新酒を常温で頂きました。

チダイは二枚おろし。
塩焼きにして半身は尾頭付きでそのまま、半身は鯛めしに。
IMG_0110.JPG
ヒレをアルミでくるんでおいたのですが外れて焦げました。
焼き魚のオート調理お任せにしましたがちょいちょい確認が必要なようです。

IMG_0114.JPG
鯛めしは昆布出汁で炊きました。

そして更に後日、冷凍しておいた湯引きの鯛を半解凍で。
IMG_0111.JPG
なんだかあんまりおいしそうじゃないですが...。

へダイは処理したものを冷凍してあります。
又、週末にでもゆっくりいただきましょう。

〇〇さま、いつもありがとうございます。


タグ:
nice!(13)  コメント(7) 

お彼岸です [お料理]

今日は春彼岸のお中日。
恒例のぼたもちを作りました。
お出かけをしていたので、昨夜から仕込んでおいた小豆の一種類だけです。


image-20150321201152.png

お墓には行けないので、自宅の小さなお仏壇にお供えして手を合わせました。
残りは冷凍と夕飯に。
夫の好物です。

nice!(23)  コメント(5) 

春の香りを [お料理]

畑では紅菜苔の花が咲き始めています。
畑の土手の草にも花が咲き、柔らかそうなヨモギが出ていました。
お散歩ワンちゃんのおトイレの心配もあるので、場所を選びながら柔らかそうなヨモギを摘みお焼きにしてみました。
餡子は市販品を使ったのでちよっと甘さが強いです。
image-20150223午後9:08:45.png

茹でて粗く刻んだヨモギをフードプロセッサーにかけました。少し水を加えながら。
米粉に加えてお湯で捏ねてから餡子をつつみました。蒸したものをそのままでもおいしいですが、フライパンで焼き目をつけました。
ヨモギの香りが口の中に広がります。
米粉だけにしましたから、お団子の様なういろうの様な食感です



nice!(12)  コメント(8) 

搾りたてと採りたて [お料理]

大高の酒蔵で搾りたての日本酒を入手しました。詳しくは別記事で。

image-20150221午後7:11:28.png

image-20150221午後7:11:45.png

上が山盛酒造下が神の井酒造です。
( 明日、22日10時から酒蔵開きです。)


早速何にしようかなと思案。
畑で収穫したばかりの かき菜、ブロッコリーのわき芽も使って、こうしました。

image-20150221午後7:14:26.png

蓮根餅、ブロッコリーとエビの炒め物。
お刺身(鮪、鯛、鮭)、かき菜のからしあえ。

本当は蓮根入りの鶏つくねにするつもりが鶏ミンチを切らしていました。
他に、キャベツのコールスローを。

2月は酒代がかさみます。
まぁ夫婦共通の趣味だから、と自分を甘やかしています。

nice!(12)  コメント(4) 

畑の恵みで [お料理]

先日収穫した長芋、山かけ丼にしてみました。
image-20150127午後5:33:01.png
お魚はトンボマグロで半分をづけにしました。
絵づら的にネギにしましたが、好みとしてはわさびが好きです。


そして、大根の収穫で毎年漬けるお漬物。
image-20150127午後5:33:18.png
なんちゃってニシン漬けです。
畑の大根、キャベツと購入したニンジン、身欠きにしん、塩、甘酒を使っています。


今日は白菜を三玉使ってキムチを漬けました。
昨夜白菜を半分に切って塩水に漬け軽く重石を。
朝起きたら綺麗に洗って水切り。(虫がついていてもこの時に完全除去できます)
大根とねぎ、にんにくは畑の恵み。
そして、昨シーズンに多めに作って冷凍していたとうがらし(粉、粗びき、中びきのミックス)にんにく、餅粉などでつくったキムチの素を使いました。

薬味を挟み込んだ半株づつをジップロックに入れて明日まで常温においてから冷蔵庫へ。
いろんな保存の方法を試してみましたが、分けてジップロックに入れるのが我が家の保存や使い勝手に合っているようです。汁漏れに備えてさらに大きな漬物用の袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。


一昨年栽培した韓国とうがらし(巨大なとうがらしです)が乾燥保存してあるので、今年はそれを粉末にして使おうと思っていたのにすっかり忘れてしまいました。

そうそう、今年は味噌も昨年の数倍仕込みました。(大豆を一升)
もどした豆が大量なので(鍋も巨大なものがないので半分は蒸して、半分は煮ました)冷めないうちに潰すには一人では少々無理。
夫がお休みの週末に手伝ってもらいました。
夫もおぼろげではありますが子供の頃の味噌作りの記憶があり、なかなか丁寧に豆を潰していました。
豆が温かいうちに麹と塩を混ぜて一晩おき、翌日桶に詰めて重しをしました。
こちらは常温です。
年末くらいには使えるでしょうか?


野菜作りや畑の土づくりを考えるのも楽しいですが、収穫を無駄にせずに使い切るための調理方法を考えるのも楽しいものですね。




nice!(11)  コメント(2) 

シチューですが [お料理]

これ、シチューです。
何のシチューかわかりますか?

IMG_2137.JPG


缶詰のデミグラスソースと缶詰のホールトマトを使っています。
調味料としてはコンソメと塩。

お肉は牛筋を使ってコトコト煮込んであります。


IMG_2138.JPG


こんな感じです。
お野菜は...わかるかな?




お米のとぎ汁で茹でた大根、そして、ゆっくり煮込んで浮いた脂をとった牛筋。
多めの水とお酒とデミグラスソースとトマト缶を入れて煮込みました。
一晩おくとまたまた大量の脂が浮いて固まるのでそれを除いてから大根がやわらか~くなるまで煮込みます。

この頃「シチューにはジャガイモもいいけど大根もね」と。


何の関係もありませんが、年末の旅先のキューピー人形があんまり可愛かったので。

IMG_2104.JPG

和んでいただければ幸いです。


nice!(9)  コメント(3) 

今年の元旦は [お料理]

今年のおせちです。
IMG_2118.JPG

大晦日にお出かけをしたので途中から手抜き。
その上、数の子の塩抜きをしておくのを忘れ、漬け汁に浸けたのは「なまさだ」の放送中。
お重に詰めたのは元旦の朝です。

今年も生搾りの「神杉」を入手しましたが、画像はありません。

昨年の北海道で入手した函館ワイン「しばれづくり」(画像はありません)の白と小樽の「北の誉」。
そして、石垣島で入手した泡盛「請福」(2010)と娘夫婦のお土産「司牡丹」の超辛口を大晦日から元旦に頂きました。
IMG_2126.JPGIMG_2109.JPG
IMG_2125.JPG

元旦は雪も舞う寒い一日となりました。

気ままな更新ですが、今年もよろしくお願いします。




nice!(6)  コメント(6) 

のせられてボージョレヌーボー [お料理]

ボージョレヌーボーというもの、今年も飲んでしまいました。
なんとなくのせられているなと感じながらも飲みたくなります。

今年はこれを。

IMG_1997.JPGIMG_2013.JPG
ちょっと味の違う二本です。
酸味が強めに感じるものと渋味を強く感じるもの、飲み比べて感じました。

IMG_1998.JPGIMG_1999.JPG
レンコンと鶏ミンチの団子  サトイモのバジル和え 菊芋の粕漬   リンゴと柿のサラダ

IMG_2001.JPGIMG_2014.JPG
キノコと豚薄切りのトマト煮   大根のイカワタ煮


ボージョレヌーボー、別に毎年飲まなくてもよいのだけど店頭のポスターや報道にのせられてしまっています。

そういえば、


nice!(10)  コメント(6)