So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年03月| 2017年04月 |- ブログトップ

春から初夏に向かう畑 [畑]

畑に埋めておいた冬野菜も終了し、春キャベツもブロッコリーも片付き、スナップエンドウの花が咲く畑です。
IMG_1407.JPG

ソラマメは放置していた結果子供の背丈ほどに成長。
IMG_1405.JPG
収穫量の予定については不明。

今年も畑のあちこちにカモミールが咲いています。
IMG_1404.JPG

今収穫できるものを少しだけ。
IMG_1412.JPG
この他には蕗、アスパラ、三つ葉が食卓に上ります。
ミントも香りがよく、山椒の葉も柔らかく、田楽の味噌に。

カモミールとミントをお茶に。
IMG_1416.JPGIMG_1418.JPG
色が綺麗ですね。




夏野菜の植え付けがそろそろ始まります。
ベランダで植え付けを待つトマト苗。
IMG_1413.JPG
タラの芽の水耕栽培が終わった衣装ケースで育苗したトマト苗桃太郎です。

こちらは種蒔きして室内で発芽を待つ夏野菜各種。
IMG_1414.JPG

夏野菜は室内やベランダで育苗したり畑に直播したり苗を購入したり。
今年は食べてみて美味しかった野菜の種を蒔いたりもしてみるつもりです。(芽が出るかどうかは???)



タグ:家庭菜園
nice!(7)  コメント(2) 

曇り空のお花見 [ちょっとした出来事]

今年のお花見はバタバタしていて出かけそびれ、晴天の某日の青空の下「マンションの公園の桜が綺麗だなぁ」とゆっくり眺めたくらいです。
で、お天気予報によると桜ちらしの雨になるという雨が降る前に慌てて、定点観測のごとく毎年行っている公園に出かけました。
曇天の空の下で、明るいレンズを付けていかなかったので暗い画像なのですが...。

洲原公園の池越し。
P1019472.JPG

花筏と。
P1019480.JPG

メインの場所の桜、古木です。
P1019490.JPG

公園の売店のそばに水鳥が。
P1019491.JPG
毎年越冬にやってくるヒドリガモです。
P1019499.JPG
今年もお花見をすませてから旅立つようですね。

私の好きな枝垂れ桜。
  P1019486.JPG

この公園は工事続きなのですが、桜や芝の植え替えや歩道の整備が整いつつありました。

そして続いて別の公園に。
P1019505.JPG
今年も水仙とのコラボが可愛いです。

P1019511.JPG
早咲きの桜はもう終わり。でも、濃い赤が射し色になって綺麗です。
P1019513.JPG

こちらは池の側の桜。
P1019517.JPG

P1019518.JPG

ゆきやなぎが咲く歩道の上の桜のトンネルは......
P1019521.JPG
伐採されていました...。

ソメイヨシノを見に行った時期が遅かった事もあるのですが、もう八重桜のつぼみが膨らみ数輪開花しているものが見つかりました。



タグ:
nice!(14)  コメント(2) 

郡上八幡の福寄雛 [ちょっとした出来事]

今年は昨年よりも遅くまで雪が残っていて、実家の雪囲いをはずしに行くのが少し遅めになりました。
P1019458.JPG
実家近くの山にはたくさんの雪が残っているので、お天気予報とにらめっこしながら山越えの時間帯を考えてスケジュールを。
と言う訳で、2時間ほど時間の余裕が作れたので郡上八幡の街中を散策してお昼を過ぎてから山越え(トンネルですが)することにしました。
ちょうど福寄雛のシーズンです。
まずは宗祇水を見て、散策開始。
宗祇水傍橋.JPG

宗祇水.JPG

吉田川と郡上城.JPG 街並み.JPG 街並み2.JPG 街並み3.JPG 整備された綺麗な街並みからちょっと外れると昔ながらの街並みが。 40年ほど前にサークルの合宿で数日滞在したことがあるのですが、そのお寺がどこなのか思い出せません。 お昼はお蕎麦屋さんでおろしそばを。 大根おろしとなめこの佃煮がのっていました。 ここにはこんなお雛様。 平甚.JPG お蕎麦屋さん店内.JPG まずはサンプル工房を。 サンプルやさん.JPG サンプルやさん2.JPG サンプル工房.JPG こちらはワインレストランかな? ワインレストラン.JPG お料理のサンプルが凝ってます。 いろんなお店のショーウィンドウを並べてみます。 雑貨屋さん.JPG フライパンが楽しいです。 呉服屋さん.JPG 呉服屋さんかな。 文具店.JPG 文房具屋さん。 床屋さん.JPG バーバー。櫛がちょっと大きいかな。 眼鏡屋さん.JPG 多分眼鏡屋さん。 アート.JPG ほんの数百メートルくらいを歩いただけですので半分も見ていないと思いますがさりげなく置いてあるお雛様の工夫が楽しいですよ。 今年はもう終了しましたが来年も二月の初めから4月の初め頃まで開催されるのではないでしょうか。 そして峠を越えて実家へ。 作るのには時間がかかりましたが解体は早く、暗くなるまでに終了。 翌日はシーズン終了間近の水ようかん(丁稚ようかん)を買いに越前大野の市街へ。 ほんとに柔らかくて甘さも優しくて、ちゅるるんといくらでも食べられます。 里の雪は日陰に少し残っていますが、田畑にはなくなっています。 川には雪解け水が。 P1019457.JPG 山にはたくさんの雪があり、夏の水不足の心配はなさそうです。 追記:この記事の画像は3月最終週のものです。
nice!(9)  コメント(4) 

2017年03月|2017年04月 |- ブログトップ